お知らせ
住職お願い20140930

昨年11月8日スーパー台風により、島のほとんどが 壊滅状態になったフィリピン・レイテ島に、本年2月下旬に続き、8月下旬に、京都 本昌寺 児玉上人、 岩手 西身延 西山上人と3人で慰問支援。そして戦没者の慰霊法要に行ってまいりました。
前回の経験反省を活かす予定が、更なる情報不足と共に、日本との情報のあまりの現状の差を目の当たりにして、あまり発揮できなかったのが事実です。あまりにも、ひどいです。

しかし、日本とは違い、フィリピン・レイテ島の被災者の方々は非常に前向きです。

日本は被災地に支援をしていますが、フィリピンは一切していません。国に財政が無いという理由だけで。
その中でも、前回同様、笑顔を振りかけてくれてた事が、私達の救いでした。皆様から支援いただいた衣類 は喜ばれ争奪戦となり、逆に輸送費の問題と共に今後の大きなテーマになりました。 日本人の感覚では難しい壁に多々当たりましたが、参加者一同の決意。

「立正安国・世界平和 フィリピン・レイテ島被災者に笑顔を」私達はこれからも支援をして参ります。
再び来年度に、同じく、京都 本昌寺 児玉上人。岩手 北身延 西山上人、と共に支援に行きます。

皆様に、支援のお願いがございます。やはり現金支援です。
現金は現地で衣類・お菓子・ビーチサンダル・ビニールシートを購入し配ります。
衣類支援は持ち込む事に、輸送費・手続き・検疫等、非常に大変で、逆にフィリピン国内で買った方が安く現地にも現金が流れる事になることを思い知らされました。何卒、現金支援を宜しくお願いいたします。

コメントは利用できません。